• 季節を問わず体の冷えに悩まされる冷え症は、婦人科系の病気や、体のさまざな不調の原因となり得ます。もともと持った体質や、長い年月で形成された生活スタイル、食生活などが影響していると言われています。特に女性は、男性よりも筋肉が少なく冷えやすい特徴があります。また、生理や妊娠などにも、体の冷えは悪影響となりますので、日頃から体を温めるように意識する必要があります。一度慢性的に冷え症になってしまうと、そう簡単に改善するものではありません。時間をかけて、ゆっくり治して行きましょう。冷え取りの方法はさまざまあります。食事からアプローチする方法や、半身浴や運動で体を温める方法、体を温める服装を意識することなのです。

    この方法の中から服装に注目をしてみましょう。頭寒足熱と言われるように、足元を温めることを意識しましょう。足元から冷えをとる方法として、ソックスの重ねばきがあります。五本指タイプ先に履き、さらに普通のタイプのソックスを重ねます。絹や綿素材を先に履くことで、汗の吸収を良くし、汗からくる冷えを防げます。

    この、重ね履き健康法は、書籍やインターネットで紹介され、多くの人に広まりました。重ねばき用のソックスを販売する店舗も増え、インターネット通販でも人気となっています。セットとなっているものは、初めての人でもすぐに重ね履き健康法を始められます。健康の事を考えるようになったのは今から2,3年前の事です。

    それまではまだまだ若いし不健康な生活をしていても問題ないだろうと思っていたら突然体調不良が重なり病院の先生いわく、生活を見直して管サイトの事でした。それからまずは不規則だった時間をただし、足元などを冷やさないように気をつけていたら段々と症状が緩和されていったのです。一度体調を崩したことがキッカケで健康維持をしようと思うようになりました。人は何かキッカケがないと動かないんだと実感しましたね。

時々私が話している言葉が聞き取りづらいと言われることがあり、人と話すときは発音に気をつけて話をしていました。でも、ずっとのことなのでストレスになっていました。歯並びが悪いのか、治るのかが気になったので一度、矯正歯科 福井(http://www.sawayaka-kyousei.jp/)に相談してみようと思いました。歯並びが悪い人は発音も悪くなる場合があり、歯を矯正すれば治るそうです。しかし、小学生になる前くらいの子供だったら、矯正の必要がなく、成長すれば治る場合もあるそうです。どんな状態でどうなるのかを調べてもらい、今後の治療法を考えた方がよいですね。治療をするにあたり、ほとんどの場合の歯の矯正は保険がきかないそうです。ごくまれに保険がきく原因の人もいますが、外科手術が必要だったり、難病だったりすることがほとんどだと思います。あまり安い金額の治療ではありませんが、矯正をすることによって、精神的な問題でストレスがなくなったり、ちゃんと歯磨きするば、歯の寿命が長くなる可能性もあります。矯正中は歯磨きがとてもしづらく、虫歯などできたりする場合もあるので、気をつけないといけませんが、ちゃんと歯磨きをすれば、歳をとっても自分の丈夫な歯になりますよ。

copyright 1658 200 reserved.